知的障害者の力作並ぶ 横浜で「等身大画展」

投稿日: 2016年08月08日 14:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

知的障害者たちが大きな和紙に描いた作品を紹介する「等身大画展」が、横浜駅東口の横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階で開かれている。9日まで。

 

知的障害者の通所施設であるワークステーション・菜の花(大和市深見)、新宿区立新宿福祉作業所(東京都新宿区)の利用者が過去2年間に描いた約30作品を展示。自己表現を楽しむレクリエーションの一環として両施設が取り組んでいるもので、キャンバスは縦180センチ、横90センチの障子1枚分。柄の長いはけと墨汁を使い、人物モデルの特徴を捉えたり、頭の中に残るイメージを描いたりと、力強い筆致の作品が並ぶ。

 

菜の花の所長(55)は「それぞれの作品の独創性を感じてほしい」。作品をモチーフにしたバッグやメモ用紙などの製品も販売。切り絵を制作している私立高校2年生(17)=横浜市磯子区=の作品も展示している。午前10時半から午後6時。9日は午後3時まで。

【関連記事】

時代の正体<373> 障害者殺傷事件考

「障害者には生きる価値がある!」難病で子を失った母が涙の激白
居酒屋ランチ、交流広げ 障害者が就労、相乗効果

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング