「野生児だった」 金メダル体操・白井の父語る

投稿日: 2016年08月10日 14:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

リオデジャネイロ五輪の体操男子団体総合で日本が3大会ぶりの金メダルをつかんだ。初の五輪となった岸根高出身の白井健三選手も、跳馬と床運動で圧巻の演技を披露して大きく貢献した。19歳にして頂点を極めた体操界のホープを支え続けてきた父、鶴見ジュニア体操クラブ(横浜市鶴見区)を経営する勝晃さん(56)が神奈川新聞社に思いを寄せた。

 

健三の小さい頃からの夢がかなった。本当にうれしい。体操のメダルはやはり個人よりも団体。健三には少しでもその力になってほしいと思っていた。

 

思い返せば小さい頃はやんちゃな野生児だった。言うことを聞かず、あちこちをふらふら。ただ、観察能力はずばぬけて高かった。

 

映像で見た内村(航平)君のまねをし、高難度の技をマットの上ですぐ決めていた。見ただけで全てができる。だから、彼に対して正論はいらなかった。

 

ひねり技について研究している大学教授が何人かやってきたが、3回ひねりはどうやるのと聞かれると、健三は「ぐっとやると3回、ぐぐっとやると4回ひねりだよ」と答えた。感覚の世界。それを深いところでお互いに分かり合えるのが内村君だった。

 

2013年に種目別床運動の世界王者になり、自分の理論の正しさを結果で証明した。それでも、健三は「まだやることがあるから体操は楽しい。他にも5種目もあるから」と言ってのけた。体操に床しかなければ、彼は行き詰まっていただろう。あれだけ人の言うことを聞かなかった子がここまでになった。体操という競技は人をどんどん変えていってくれる。

【関連記事】

師の意思継ぎ躍進 19歳白井

ひねり究め頂へ(上) 体操・白井
「東京へ少しは前進」 競泳・塩浦

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング