卓球が私の居場所 鎌倉の伊藤選手、初リオ・パラ五輪

投稿日: 2016年09月05日 14:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

卓球に導かれ、夢の大舞台へ-。7日に開幕するリオデジャネイロ・パラリンピックの卓球女子知的障害者クラスに、鎌倉市の伊藤槙紀選手(31)が初出場する。中学から始めた競技は人との出会いをもたらし、いつしかかけがえのない居場所になった。メダルを狙う姿が、多くの人に勇気を与えている。

 

横浜市鶴見区にある練習場。数分間にわたるラリーを続けた末のミスに、伊藤選手は悔しそうに声を上げる。

 

専属コーチの中村孝太郎さん(65)は、その集中力とスタミナに太鼓判を押す。「練習でやったことを忘れないし、『疲れた』という言葉を聞いたことがない」

 

横浜で生まれ、父親の実家がある鎌倉市内へ。市立深沢中学校で卓球部に入った。

 

「『個人競技なら大丈夫じゃないか』と先生が受け入れてくれた。お昼と部活を楽しみに毎日通っていた」。授業はどれだけ理解していたか分からないけれど、と母享子さん(55)は笑う。

 

練習を嫌がったことはない。中学卒業後は特別支援学校に通い、民間のスクールで腕を磨いた。知的障害者の全国大会で中学3年で初めて優勝して以降、10回以上日本一に輝いている。

 

ルール変更を覚えるのに時間がかかるなど、障害の程度は決して軽くない。それでも、卓球を始めてボキャブラリーや会話が増え、ラリーをすれば互いに何となく打ち解けられる。「居場所を見つけたんだと思う」。練習後にコーチと笑い合う娘を、享子さんは優しく見つめた。

 

8年前の夏。北京五輪で活躍する憧れの福原愛選手らをテレビで見ていた。10代のころから数々の国際大会を経験してきた伊藤選手は「オリンピックって、いつもの大会と違うんだ」。「あなたが出るならパラリンピックだよ」。享子さんはそう答えた。4年に1度の特別な舞台を意識し、目標に据えた瞬間だった。

 

しかし、ロンドン大会(2012年)の出場を懸けたアジア選手権では惜しくも敗退。今年1月、日本人最高の世界ランク4位(現在は6位)となって初出場を決めた。

 

リオに向け、享子さんが働く障害者施設でも壮行会が開かれた。「頑張ってね」と入所者から握手を求められた。障害を不幸と決めつけ、否定する言葉が聞かれた今だからこそ、その姿がより輝きを増す。

 

「偶然出会った卓球に導かれ、いろんな人とつながってここまで来られた」。そう感謝する母の横で、「ライバルに勝ちたい。メダルを取る自信はある」と力強く答えた伊藤選手。初戦の8日は32歳の誕生日だ。

【関連記事】

障害者スポーツを体験 パラ控え、横浜で催し

障害者スポーツに魅せられて 清水カメラマン、パラ五輪へ
銀座線ホームドアに採用 京三製作所

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング