「もっといい書き手に」 市役所正門に手形 直木賞作家・青山さん

投稿日: 2016年09月13日 14:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

直木賞作家で大和市在住の青山文平さん(67)の手形モニュメントが市役所正門に完成し、12日にお披露目された。除幕式に招かれた青山さんは「できるだけ目立ちたくないのが本心」と気恥ずかしそうだったが、「もっといい書き手になりたい」と感謝した。

 

モニュメントは32センチ四方の青銅製。雄編を生み出す右の利き手が刻まれた。2012年にローザンヌ国際バレエコンクールで1位に選ばれたバレエダンサー菅井円加さん(22)の手形と並んで建てられ、青山さんは「ものすごい才能のダンサー。負けないように頑張る」とあいさつした。

 

青山さんは15年、時代小説「つまをめとらば」(文芸春秋)で直木賞を受賞。3月に市民栄誉賞が贈られた。20歳前後で横浜市から移住し、大和市内の自宅で執筆を続ける。「書き手は常にもっといい作品を書きたいと思うもの」と変わらない意欲を明かした。

 

モニュメントは、ノーベル化学賞を受賞した名誉市民の根岸英一さん(81)、サッカー女子日本代表の川澄奈穂美選手(30)らに次いで7人目となった。

【関連記事】

直木賞作家ら憲法を考える

直木賞作家青山さんに市民栄誉賞

直木賞作家の青山さん著作紹介 地元の大和市立図書館で10作品

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング