別の男性も中毒死 横浜点滴殺人

投稿日: 2016年09月27日 14:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

横浜市神奈川区の大口病院で点滴に界面活性剤が混入され入院患者が殺害された事件で、神奈川署特別捜査本部は26日、同じ病室で18日に死亡した別の男性の死因も中毒死だったと明らかにした。2人の体内からは同じ界面剤が検出され、院内で使用している消毒液にも同成分が含まれていたことが判明。特捜本部は、点滴を使った連続殺人事件とみて調べる方針。

 

■遺族衝撃「悲しい」 同じ病室、新たに中毒死

特捜本部によると、新たに中毒死と判明したのは、同市青葉区の男性(88)。今月13日に入院し、18日午後7時に死亡が確認された。20日に中毒死した男性(88)=同市港北区=と同様に寝たきり状態で、栄養剤を含む複数の点滴を受けていた。

 

青葉区の男性が18日に使用したとみられる複数の点滴袋は院内に残っており、袋の表面には目立った穴や破れは確認されなかった。特捜本部は微量の残留物の分析を進めるととともに、港北区の男性の点滴と同じように栓のゴム部分から注射器で混入させた可能性もあるとみて詳しく調べている。

 

また、2人の遺体から検出された界面剤は、4階ステーション内の消毒液に含まれるものと同じタイプだったことも判明。殺菌作用が強い界面剤を含む消毒液は、病院内では一般的に器具の消毒などに使われており、同病院でもさまざまな場所に置かれているという。

 

青葉区の男性が使用した点滴は、港北区の男性と同様、4階に入院する他の患者の点滴とともに、17日午前に4階のナースステーションに運ばれていたとみられる。3連休中の17~19日分が1階の薬剤部から一括搬入されており、薬剤部では施錠して管理されていたことから、特捜本部は何者かがステーション内で混入させた疑いがあるとみている。

 

青葉区の男性とともに司法解剖されていた80代男性(18日死亡)と90代女性(20日死亡)は、いずれも病死と判明。体内から異物は検出されず、事件性はないと判断した。

 

ただ、事件が発覚した20日午前の時点で、4階ステーションには未使用の点滴約50袋が残されており、特捜本部はこれらにも界面剤が混入している疑いもあるとみて、今後分析を進める方針。

【関連記事】

栓のゴムに注射針、3連休中混入か 横浜患者殺害

不特定の患者狙い犯行か 未使用の点滴に異物混入の可能性
病院職員の関与「否定できない」 横浜患者殺害事件で病院側が会見

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング