東日本唯一のジンベエザメ死ぬ 八景島シーパラダイス「七海」

投稿日: 2016年10月18日 13:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)で約6年間にわたって飼育・展示されていたジンベエザメ「七海(ななみ)」が16日、死んだ。死因は調査中。ジンベエザメの飼育は難しく、水槽展示は東日本で唯一だった。

 

七海は全長約6.9メートルの雌。2010年夏に千葉県館山沖の定置網に迷い込み、同年11月に同施設に運び込まれた。横35メートル、奥行き20メートル、水深6メートルの水槽で飼育され、「ゆったり悠然と泳ぐ姿が多くの人に愛されていた」(広報担当者)。

 

普段は1日約17キロのオキアミなどの餌を食べるが、9月下旬に急に食べなくなった。一時は回復の兆しを見せたものの、10月15日から再び食べなくなり、飼育員や獣医師らが処置をしたが翌16日午後7時すぎに死んだ。

 

同施設では14年7月に雄の「八兵衛」が死んでおり、ジンベエザメの飼育・展示はゼロに。広報担当者は「研究機関と死因を究明し、機会があればまた飼育したい」としている。

【関連記事】

八景島でトライアスロン パラ含め906人挑戦

希少深海サメ競演 八景島シーパラダイス
希少な深海サメ ラブカの受精卵を八景島で展示

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング