「この絵見て落書きやめて」 厚木の児童ら壁画制作

投稿日: 2016年10月31日 15:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

落書きをされない地域づくりを目指し、市民による環境美化活動がこのほど、厚木市関口で行われた。県道42号の擁壁にあった落書きを消した後に、約40メートルにわたって地元の自然風景を描いた。

 

市民団体「エコ・アップ・あつぎ」と市の共催。東京工芸大学(同市飯山)の学生や地元自治会員、小学生ら約100人が参加した。

 

壁画は、市立依知小学校の児童が描いた絵をモチーフにデザインされた。参加者は東京工芸大の学生に指導を受けながら下絵にペンキを塗り、約5時間かけて制作した。参加した児童は「落書きをしようとしている人がこの絵を見てやめてくれればよい」と感想を述べた。

 

この活動は、市民協働提案事業として実施され、今年2回目。このほか、近くの国道金田交差点などの道路沿いで、住民によるポイ捨てごみの回収作業などが行われた。

【関連記事】

落書きゼロへ力合わせ 藤沢

地下道に鮮やか壁画 新栄高美術部が2年越しの大作完成
30年前の壁画修復 別所小の卒業生有志

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング