スリッパ卓球で大会 横浜・保土ケ谷区内の商店街

投稿日: 2016年11月11日 13:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

横浜市保土ケ谷区内の商店街で、ラケット替わりにスリッパを使った「全ほどスリッパ卓球選手権大会」が開かれている。担当者は「市内全域に広めたい」と意気込む。最後の予選と決勝は12日に開かれる。

 

スリッパ卓球は誰でも参加できるスポーツとして温泉街などで人気があることから、地域活性化につなげようと、区内で建設業者(46)が昨年10月、和田町商店街で初めて開いた。年齢不問で初心者でも気軽に参加できるため、定員32人はすぐに埋まった。ゲームは5点マッチで、2セット先取。1分近くラリーが続くこともあり、非常に盛り上がったという。

 

今回は区内の8商店街が参加。趣旨に賛同した卓球メーカーの社長が市内に住む縁もあり、卓球台やボールの提供を受けた。

 

大会はすでに4日間のうち3日が終了。別のイベントと同時開催した商店街では、相乗効果で来街者が増える反響もあった。

 

上星川商店会のメンバー(38)は今年からスタッフに加わり、主審も務める。中学時代に卓球で関東大会にも出場した腕の持ち主。「普段使うラケットと違い、ボールに回転がかからない。屋外なので風の影響も受け、運にも左右され、誰でも楽しめる」という。

 

大会は実行委員会とNPO法人「ハマのトウダイ」の共催。12日の会場は和田町駅前広場。問い合わせは、実行委(昭和建設内)電話045(333)1751。

【関連記事】

地域活性化へ勉強会 川崎駅広域商店街連合会

活性化策住民が提案 観光・産業拠点3区域に 愛川
県境越え連携促進を 横浜銀や2県関係者ら会合

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング