液体ミルク、「潜在的なニーズある」 国内解禁を求め署名活動してきた横浜の末永さん

投稿日: 2016年11月15日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

「日常の負担軽減だけでなく災害時は赤ちゃんの命をつなぐ。子育ての選択肢の一つにできるよう、社会全体で検討していきたい」

 

国の男女共同参画会議の専門調査会で発言した末永恵理さん(37)は、液体ミルクの国内解禁を求め、2年間にわたり署名活動に奔走してきた。官公庁や乳業メーカーを訪ねては、有用性を訴えてきた。

 

きっかけは2014年4月の長女誕生。母乳だけでは足りず粉ミルクを使った。2~3時間おきに湯を沸かし、哺乳瓶を消毒。ミルクを溶き冷ます間も、娘は泣き続ける。外出時は常に調乳用の湯と水を魔法瓶に入れ持ち歩く。寝不足も続き「出産前は想像もできないほど体力的、精神的につらかった」。

 

海外では広く普及している液体ミルクがあれば、子育て環境を改善できるのではと考えたが、厚生労働省は「メーカー側から安全を示すデータが提示されないと法整備に進めない」。メーカーは「消費者のニーズがどれほどあるか分からない」との回答だった。

 

ならば、液体ミルクを必要とする消費者の声を届けようと、署名活動を始めたのは14年11月。スタートから今年4月までに約1万2,500人分が集まり、熊本地震以降に急増し4万人を突破した。緊急支援物資としてフィンランドから約5千パックが無償提供されたことが、後押しした。

 

断水、水道水の濁り…。東日本大震災で被災した女性は「生後20日の子にあげる母乳がストレスで出なかった」「ミルクが用意できず、7カ月の子に菓子パンをあげた」。熊本地震で3カ月の子と避難生活を強いられた熊本県の女性は「調乳やほ乳瓶洗浄のための水確保が本当に本当に大変」…。

 

寄せられた切実な声に、末永さんは、確信している。「潜在的なニーズはまだある」

【関連記事】

子どもの貧困考える 藤沢で26日にシンポ

子育てや学校、課題を話そう 11月に外国人市民会議 川崎
「イクボス」推進へ 市が男女共同参画新素案

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング