「駆け付け警護」反対 藤沢市でも抗議

投稿日: 2016年11月16日 13:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

「自衛隊員を海外の戦場に送るな」「自衛隊員を死なせるな! だれも殺すな」。駆け付け警護の新任務付与を決めた政府への抗議は、神奈川県内でも上がった。藤沢駅前では市民らがプラカードを掲げ、南スーダンからの撤退を求めた。

 

安全保障関連法に基づき、海外での自衛隊任務が拡大されるのは初めて。藤沢市の朝倉優子さん(52)は「必要に迫られて新任務を付与するのではなく、憲法違反の安保関連法の正当性を主張するためのものという印象を受ける」と疑問視する。

 

自衛隊が派遣される南スーダンの首都ジュバでは7月、大規模な戦闘が発生している。元自衛隊員(51)は「危険な任務だとしても、命令であれば隊員は従わざるを得ない」と指摘。イラク戦争後の陸自サマワ派遣を振り返り、「隊員は皆、痩せて帰ってきて、知り合いの医務官は辞めてしまった。それだけ危険が伴う。新任務で死者が出てしまうのではと心配」と話した。

【関連記事】

「立憲主義取り戻そう」 安保法廃止求め1800人

「南スーダン派兵阻止を」 国会前
安保法は「違憲」 初の集団提訴

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング