和のレシピで栄冠 全米BBQ大会、ハンバーガー部門

投稿日: 2016年12月08日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

バーベキュー(BBQ)の本場・米国の最高峰とされるコンテストで、チャンピオンに輝いた女の子がいる。神奈川県茅ケ崎市の小学4年、内山華那さん(10)。味や見た目、肉の柔らかさを競う大会のジュニアの部で、米国の食文化に和のテイストを加えたハンバーガーを作り上げた。米国人の舌をうならせたその味とは-。

 

「ハナ・ウチヤマ!」。10月29日、米カンザス州のサーキット場に名前が響く。カウボーイハット姿の華那さんは大きなトロフィーを掲げ、祝福する米国人とハイタッチを交わした。「びっくりした。まさか優勝するとは思っていなかったから」

 

米国内で年間数百ある大会の中で、「四大大会の一つ」とされる「アメリカンロイヤル・ワールドシリーズ・オブ・バーベキュー」。華那さんは、6~10歳対象のジュニアの部にエントリーした。

 

題目はハンバーガー。牛ひき肉を使用する以外、味付けやトッピングは自由で出場者の腕が試される。華那さんはバターを練り込んで焼いたパテ(肉)と、しょうゆと炒めたタマネギをバンズ(パン)に挟んだ。

 

「バターバーガーを作るVTRを見て、おいしそうだなって。タマネギは生で辛いとお肉の味をなくしちゃう。炒めてしょうゆを入れたらおいしくなると思った」

 

米国人が好む味を研究し、日本の食卓で親しんだ味付けに挑戦。審査員6人のうち2人が満点をつけるなど、すべての項目で高評価を得た。

 

華那さんは「同じハンバーガーでも、みんな違うレシピなのが面白かった。いろいろな人と料理したり、話したりできたのも楽しかった」と、白い歯を見せる。

 

初出場で手にした栄冠。それでも伸び盛りの10歳は貪欲だ。「来年はステーキ部門に挑戦したい」。その顔は早くも、王者から挑戦者へと変わっていた。

【関連記事】

朝どれの地魚で「ご当地バーガー」 横須賀・観音崎エリア

ぶらり♪:新山下 横濱開港バーガー
伝統レシピ初公開 富士屋ホテルが出版

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング