レモネードで闘病支え 小児がん回復の小学生-横浜で23日販売

投稿日: 2016年12月19日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

小児がんから回復した横浜市の小学生が23日、同じ病気の子どものためにレモネードを売って寄付を募るイベントを開く。「病気の子どもを助けたい」と懸命に準備を進めている。

 

「子どもレモネードスタンド」を企画したのは、市立平沼小学校3年の栄島四郎さん(9)=同市西区。四郎さんは、3歳の時に脳腫瘍だと分かった。複数の病院を受診し、専門医を探して4歳の時に手術を受けた。抗がん剤治療なども経験し、現在も通院を続けている。

 

レモネードスタンドのことは、母親の佳子さん(45)が昨年春に買った絵本「ちっちゃなアレックスと夢のレモネード屋さん」で知った。小児がんを患った米国の少女がレモネードを売り、病気の子どものために募金を集める物語を読み、すぐに「お金をためて病院に寄付したい」と決意した。

 

たくさんの人に来てもらおうと、レモンのキャラクターや「1ぱい50円 プラスお気持ち大かんげい!」と手書きしたチラシを作成。近所の病院や店舗などに、張り出しを頼みに行った。会場で読んでもらうため、四郎さんの闘病経験や同じ病気の子どもたち、家族らの言葉をまとめた手作りの冊子も用意した。

 

イベントのもう一つの目的は、小児がんに対する理解を深めてもらうことだ。

 

病院で四郎さんと一緒に病気と闘ったが、亡くなった友達もいる。治療を受けて、体が思うように動かせなくなったり、表情が変わってしまったりすることもある。

 

佳子さんは「生きるために過酷な道を選ぶこともある。退院したら終わりではなく、長く付き合う病気だということを知ってほしい」と願っている。

 

当日は、ホットとアイスのレモネード計100杯を用意。1杯50円で、売り切れ次第終了する。売り上げは、レモネードスタンドジャパンに寄付され、小児がん治療研究などに使われる予定だ。四郎さんは「集まったお金は、今は治療法がない病気の薬をつくるために使ってもらいたい」と期待している。

 

子どもレモネードスタンドは、横浜駅西口そばの桁下ふれあい広場で、23日午前11時から午後5時まで。問い合わせは、栄島さんのメール info@pax-aozora.com 。

【関連記事】

絶望の淵で見た希望 小児がんと闘い続けた16歳

がん最前線 小児がん(下)成人患者を長期支援
こうちゃんの命、未来につなげ 心臓移植へ相模原で広がる支援の輪

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング