すすを払って明るい年を 川崎大師

投稿日: 2016年12月27日 12:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

川崎大師平間寺(川崎市川崎区)で26日、師走恒例の「すす払い」が行われ、1年分のすすやほこりを払い落とした。

 

大本堂では毎日7~8回、護摩祈祷(きとう)を行うため、堂内に立ちこめる煙で天井や壁が汚れる。作務衣(さむえ)の上にかっぽう着を羽織った僧侶たちは、ブルーシートを敷き、長さ約6メートルの竹ササを使って本堂の天井から下がる金色の天蓋(てんがい)など仏具の隙間を丁寧に払っていた。

 

厄よけで有名な同寺は来年開創890年を迎える。初詣の人出は例年並みの300万人超を見込んでいる。

【関連記事】

福をとりこむ「酉だるま」

涼しげな音色3万個 川崎大師風鈴市

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング