すすを払って明るい年を 川崎大師

投稿日: 2016年12月27日 12:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

川崎大師平間寺(川崎市川崎区)で26日、師走恒例の「すす払い」が行われ、1年分のすすやほこりを払い落とした。

 

大本堂では毎日7~8回、護摩祈祷(きとう)を行うため、堂内に立ちこめる煙で天井や壁が汚れる。作務衣(さむえ)の上にかっぽう着を羽織った僧侶たちは、ブルーシートを敷き、長さ約6メートルの竹ササを使って本堂の天井から下がる金色の天蓋(てんがい)など仏具の隙間を丁寧に払っていた。

 

厄よけで有名な同寺は来年開創890年を迎える。初詣の人出は例年並みの300万人超を見込んでいる。

【関連記事】

福をとりこむ「酉だるま」

涼しげな音色3万個 川崎大師風鈴市

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング