10年後「楽観と悲観」 新成人に聞く

投稿日: 2017年01月10日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

成人の日の9日、県内では多くの若者が門出を迎えた。新成人に「10年後の日本は良くなっているか」を聞くと、回答は楽観と悲観が入り混じった。少子高齢化、繰り返す自然災害、景気の悪化に不安を感じながらも、それぞれが「自分を強く持ち、未来を選ぶ」と誓いを新たに一歩を踏み出そうとしていた。

 

■いい方向に

10年後の日本は少子高齢化が進んでいると考えるのは、横須賀市の大学生中川咲恵さん。福祉や介護を「自分たちの世代で支えきれるのか」と不安を口にする。それだけではない、「繰り返し自然災害が起きて、10年後は悪くなっていくのでは」。

 

昨年3月に結婚し、子育てに奮闘している川崎市川崎区の会社員岩渕めぐみさんは、行政の子育て支援策に不満がある。「子どもを預ける保育園が決まらない。もっと受け入れを増やしてほしい」と憤る。

 

閉(へい)塞(そく)感を感じさせる将来にどう向き合うのか。秦野市の大学生渡邉亮さんは「良くなっていくと思わなければ」と断言する一人。「理想は一人一人が夢を持ち、チャレンジできる自由や経済的な豊かさがある社会。いい方向に変わってほしい」と前を向く。

 

■ゆとり世代

社会だけではなく、心の問題に目を向けるのは平塚市の大学生 樽木章宏さん。「優先席に若者が堂々と座っているなどモラルの低下、精神面の低下を感じる」。一方、横須賀市の大学生 石部憲都さんは、自分たちの世代だからできることがあると考えている。「10年後は自分たちゆとり世代の時代。駄目だといわれているが、これまでと変わった考え方ができる。日本は良くなっていく」

 

では、どのように社会を良くしていくのか。伊勢原市の大学生飯田杏さんは、選挙が鍵になると思っている。「自分も含めて多くの人が時代に流され、刹那的に生きているように感じる。一人一人が思考力と想像力を養い、自分を強く持ち、未来を選んでいかないといけない」

【関連記事】

10年前のタイムカプセル開封 「成人の誓い」新たに 二宮

若きハンターの決意「自然守るのかっこいい」
小田原少年院で成人式 壇上で「20歳の誓い」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング