横浜バナナ知ってる? 隠れた人気商品に

投稿日: 2017年01月12日 13:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

横浜市港北区に代々続く農家で、バナナやパパイアなど南国果樹の栽培に挑む男性がいる。「バナナが好きで、自分で育てて食べてみたい」という探究心が高じて約10年。季節を問わず農作物直売所に時折お目見えする横浜産バナナは、隠れた人気商品に成長した。

 

栽培を手掛けるのは「カネコ農園」の金子清紀さん(43)。常に15~16度に保たれた温室には「三尺バナナ」の樹木がパパイアやパイナップルとともにひしめき合う。

 

主力は梨やキウイなど露地栽培の果物だが「出荷時期が限定的」。客をつなぎ止めるために通年出荷が可能な温室作物に着目したという。

 

果実は地上1~2メートルの高さで房状に実り、一部が黄色くなったら収穫。貯蔵庫で10日~2週間かけて完熟させ、JA横浜の「ハマッ子」直売所メルカートきた店(同市都筑区)で販売する。

【関連記事】

「草生栽培」で生育促進 「中西園」の浜柿【横浜市泉区】

バナナ食べて上昇だ! 川崎、逆転年間1位狙う最終節

おいしい紅茶でほっと一息

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング