仮設・運営費80億円 県、東京五輪セーリング試算

投稿日: 2017年02月02日 13:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

黒岩祐治知事は1日、江の島で行われる2020年東京五輪セーリング競技の開催費用の試算額を初めて明らかにした。負担者が決まっていない仮設施設整備費と運営費が約80億円、県が負担する恒久施設整備費は約40億円と発表。知事は、大会組織委員会などの負担が東京・若洲での当初案より約330億円減ったとし「仮設施設費などは組織委が負担すべき」とあらためて主張した。

 

県試算によると、仮設施設費などの約80億円は、組織委が1月31日に示した仮設施設費(非公表)に、湘南港にある船舶千艇の移動費、今後発生する可能性のある定置網撤去などの漁業補償費、選手村を分村するための大磯プリンスホテル借り上げ費などを合算した。

 

恒久施設の整備費約40億円は、葉山港改修や江の島大橋の3車線化の費用など。検討中の湘南港艇整備庫などの費用も加えたとみられる。艇整備庫はマストを立てたままヨットのバランスを調整したり、正確な重量を計測したりできる。

 

江の島開催の経費は計約120億円。このほか、セキュリティーや清掃、医療などの経費がかかる。

 

黒岩知事は、セーリング会場を当初案通り新設した場合は414億円かかっていたと説明。その上で「費用削減に神奈川が大いに貢献している。こうしたことを大会組織委などに伝え、原理原則を順守するよう働き掛ける」と述べ、招致時の立候補ファイルで示された通り、恒久施設は開催自治体、仮設施設と運営費は組織委が負担すべきと訴えた。

【関連記事】

五輪仮設費用を組織委が提示 県、横浜市などが初会合

五輪負担、誰が 県、横浜市が反発「原理原則守れ」
五輪で日本文化継承 ロゴ考案の菅原さんが受賞報告

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング