3年ぶり平日バレンタイン、「義理チョコ」販売増を期待 横浜市内の百貨店

投稿日: 2017年02月13日 15:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

横浜市内の百貨店で、バレンタイン商戦が熱を帯びている。女性から男性にチョコレートを贈る従来の形に加え、自分用や同性同士でも贈り合うイベントとして定着しているバレンタイン。ことしは2月14日が3年ぶりに平日とあり、学校や職場で贈る「義理チョコ」の販売増のほか、普及が進むSNS(会員制交流サイト)での拡散効果にも期待の声が上がる。

 

バレンタイン売り場を立ち上げた初日の1月27日、前年比約2割増の売り上げだったそごう横浜店。「高額商品のシェアが拡大していることなどから、バレンタインの販売は年々伸長傾向にある」と担当者。今月4日までの売り上げも、13.6%増と好調だ。

 

本場欧州や国内パティシエのチョコなど、約100ブランドを用意。画像共有アプリ「インスタグラム」などSNSの普及も盛り上がりを後押ししているとして、ことしは見栄えが華やかなものや、デザイン性の高い商品を充実させている。

 

2016年のバレンタインの売り上げが前年比16%増だった横浜高島屋。「友人同士で贈り合ったり女性が自分用に求めたりするケースだけでなく、最近は自身に購入する男性の姿も増えている」(担当者)と、贈る対象の多様化を実感しているという。

 

日本初上陸のものなど、希少性の高い商品をはじめとする約120ブランドを販売することしは、当日が平日であることを受けて義理チョコに適した商品を強化。「ゴジラ」をモチーフにした板チョコや湘南の酒蔵が作るものなど、価格が手ごろでユーモアあふれる商品を薦めている。両店ともに売り上げ目標は、前年比1割増とした。

 

京急百貨店は、国内外の有名パティシエのチョコなど約70ブランドをそろえた。初日の4日から2日間の売り上げは前年比3割超の伸びで好調な滑り出し。昨年の各館リニューアルでもテーマに据えた「健康志向」需要にも着目し、砂糖の代わりに麦やコーンを使った自然な甘さのビターチョコや、生クリームに代えて豆乳を使うなど、体に優しい食材のみで仕上げた商品を売り出す。

 

「職場でも配りやすい、小分けになった商品には朝から行列ができた」と担当者。そごう横浜店でも低単価商品のまとめ買いが昨年より目立つといい、各店とも「義理チョコの復活」を予想していた。

【関連記事】

ハートのつり革で良縁を 出会う確率は129分の1

ぶらり♪ 本牧 お菓子のアトリエ ラ・ネージュ 手作りチョコレート
甘~い企画続々 箱根の観光施設

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング