【K-Person】三浦友和 ベテランも若い子もみんな同じ土俵

投稿日: 2017年02月27日 15:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

「映画ファンが主催、運営している映画祭。正直な感じがして、受賞はとてもうれしいです」

 

33歳のとき、相米慎二監督「台風クラブ」で第7回ヨコハマ映画祭、助演男優賞を受賞。2016年の赤堀雅秋監督「葛城事件」では、主役の葛城清を演じ、今年の同映画祭で主演男優賞に輝いた。

 

前回は、デビューして13年、初めて受賞した演技賞だった。「賞とはまったく縁のない俳優だと思って生きてきたので、演技を評価されたことはとてもうれしかったです。そこから、がんばろうと思った記憶があります」

 

「葛城事件」で演じた清は、抑圧的な性格で、思い込みの激しい暴君。妻と息子2人の家庭を「偏った愛情」で支配する。映画は、家族の崩壊を描く。

 

赤堀監督から「ぜひ清役に」とオファーがあった。「僕がこの脚本を人ごとじゃないと思ったように、監督もこいつ清く正しく美しくじゃないだろうと思ったのでは」と笑う。

 

自身と対極の役柄だったが、「自分の身にも起こり得る話」と役に没入した。「自分にも息子が2人いる。どこかでボタンの掛け違いがあると、家族ってこうなるんじゃないか」

 

芸歴46年。おごることは一切ない。「ベテランも若い子もみんな同じ土俵。芝居って、うまい下手は全然関係ない。年齢に関係なく、どうしたらいいか、みんな迷っています」

 

映画の主題となった父と子の関係は「永遠のテーマ」だ。自身の父親は戦中を生き抜き、苦労した世代である。「大学に行かないと駄目になるぞ」。そんな父親に反抗する時期もあったが、「自分が社会に出ると、父親の背景が見えてきて、そう言わざるを得ない気持ちも分かるようになった」。

 

「今、息子は31歳と32歳ですけど、面と向かって(人生について)話したことは1、2回しかないですね」。自身も、たった一人で芸能界に飛び込み、自分の信じる道をひたすら歩んできた。

 

映画を見た長男が、冗談めかして「うちのパパはあんなじゃない」と言ったそう。息子のことを話す笑顔に、父の深い愛情が見えた。

 

■お気に入り

陶芸が趣味。「20年くらい前に父親と一緒に始めたんですが、父親は途中でやめてしまい、自分がはまりました」。田舎の土地を購入し、工房と窯を造ったという本格派。奥さまとは、映画を見る趣味が共通という。「映画はよく一緒に見に行っているけれど、本格的な趣味は夫婦別の方がいいですよ」とアドバイス。「自分の時間も大切だから」と笑う。夫婦円満の秘訣(ひけつ)かもしれない。

 

■みうら・ともかず

俳優、1952年生まれ、山梨県出身。74年「伊豆の踊子」で映画デビュー。以後、映画・テレビドラマ・CMで幅広く活躍。85年の映画「台風クラブ」で、第7回ヨコハマ映画祭(86年2月開催)の助演男優賞を受賞。2016年の映画「葛城事件」で、第38回ヨコハマ映画祭(17年2月開催)の主演男優賞を受賞。

 

■記者の一言

映画祭の当日、控室で三浦さんにインタビューした。廊下で取材の順番を待っていると、扉越しに三浦さんの姿が見えた。映画コラムニストの服部宏記者と二人で、「かっこいい」と思わず顔を見合わせた。三浦さんは、背筋の伸びた黒のスーツ姿。これぞスターという圧巻の渋さだった。

 

三浦さんの奥さまは、言わずと知れた山口百恵さん。夫婦円満の秘訣について尋ねると、「そんなものがあったら誰も離婚しませんよ」と苦笑い。愚問だったとあせったが、「最初は好きで、相手の氷山の一角しか見ないで結婚するわけだから、その下の大きいところを見て違うと思ったら別れるしかない。偶然、良かったと思えば、ずっと一緒にいられるでしょうね」。氷山の一角。三浦さんの鋭い例えに感動した。

【関連記事】

「この世界の片隅に」作品賞受賞 ヨコハマ映画祭表彰式

ことしの名せりふ(日本映画)
たじろぐほどの三浦の気迫 「葛城事件」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング