病院にメリーゴーラウンド 横浜、入院中の子どもたちが楽しむ

投稿日: 2017年03月13日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

入院していて病院の外に出る機会が少ない子どもたちに楽しい思い出をつくってもらおうと、横浜市南区の県立こども医療センターで12日、移動式メリーゴーラウンドを設営するチャリティーイベントが開かれた。子どもたちは、ゆっくりと回転する木馬の乗り心地を楽しんでいた。

 

移動式メリーゴーラウンド制作者の寺道健一朗さん(47)=同市中区=がアーティストの友人に呼び掛けて2年前に開催し、好評だったことから再び企画した。

 

病院入り口近くの待合室に設営されたメリーゴーラウンドは直径約3・6メートルで、白い木馬が3頭。医療機器をつけたままの子どもやそのきょうだいたちが順番に木馬にまたがった。1~2分間の体験だったが、笑顔いっぱいに手を振るなど周回を楽しんだ。

 

2週間前から入院している男児(4)=同市港北区=は車いすを降りて、見舞いに来た妹(1)らと一緒に体験。「ちょっとバランスが取りにくかったけれど、面白かった」とうれしそうな様子だった。

 

会場ではメリーゴーラウンドのバックミュージックとして、用意した五線譜に子どもたちが音符を書き入れて作った“オリジナル曲”の即興演奏も行われた。ピエロに扮(ふん)したアーティストによるパントマイムや手回しオルゴールの演奏も人気を集めた。

 

寺道さんは「自分自身も昨年末に生まれた子どもに元気をもらっている。病気と闘う子どもたちに少しでも夢や希望を届けたい」と目を細めていた。

【関連記事】

馬で夢を与える系譜 横浜、伝説の騎手のひ孫がメリーゴーラウンド製作

夜間小児救急 単独で 4月から大和市立病院
VRE院内感染、収束まで1年程度との見通し 横須賀市

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング