〈時代の正体〉「反ヘイト宣言を」 川崎市教委に要望

投稿日: 2017年03月24日 15:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

反ヘイトスピーチ(差別扇動表現)運動に取り組む市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は23日、川崎市教育委員会の渡邊直美教育長と意見交換し、ヘイトデモで傷つけられた子どもたちの回復のため「反ヘイト宣言」を市教委として表明するよう求めた。

 

同市川崎区桜本を標的に在日コリアンの迫害を叫ぶデモが行われたのは2015年11月と昨年1月。地域の子どもたちが受けた傷について、小中学生2児の母で在日3世の崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(43)は「違いを尊重し合う人権尊重教育で育まれた土台がヘイトデモをする大人たちに壊された。ヘイトスピーチは社会悪で、攻撃する大人が悪いと教えられないまま、見捨てられたと感じている」と、いまなお続く被害を訴えた。

 

在日2世で社会福祉法人青丘社のペ・ジュンド理事長は「ヘイト問題を授業で取り上げることへのためらいを『宣言』で払拭(ふっしょく)し、学校現場の取り組みを後押ししてほしい」と重ねて求めた。

 

渡邊教育長は「大人が『許されない』と姿勢を示すことは法も求めるところ」と応じた。昨年6月に施行されたヘイトスピーチ解消法は差別的言動根絶のための教育を実施するよう定めている。

【関連記事】

〈時代の正体〉「あらゆる差別禁止に」県弁護士会が条例求め声明

〈時代の正体〉「さべつのないかわさき」アピール 25日条例求め武蔵小杉駅前で
〈時代の正体〉川崎の講演会計画問題、申請者「ヘイトスピーチをするのではない」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング