ナベヅル、長期滞在 旅立ち時期に関心 相模原に昨年末飛来

投稿日: 2017年03月30日 15:00 JST

image

(読者写真提供/神奈川新聞社)

 

相模原市緑区葉山島に、県内では珍しいナベヅルの幼鳥1羽が昨年末から飛来し、写真愛好家の間で旅立ちの時期に関心が高まっている。冬が終わる3月には北へ飛び立つのが一般的で、市立博物館の秋山幸也学芸員は「えさが豊富で居心地が良いのかもしれない」と長期滞在の理由を推測している。

 

ナベヅルは体長約1メートル。定期的に現地を訪れている秋山学芸員によると、ナベヅルはシベリア・アムール川流域から飛来し、鹿児島県出水市で越冬するのが通例で、「迷い込んだのだろうが、県内で確認されたのは初めて」と話す。関東地方にはツルの定期的な渡来地はないという。

 

相模川の中州で水を浴び、水田でくつろぐ姿が市民の注目の的に。29日も釣りを楽しみながら様子を観察した押田成夫さん(81)=同市緑区寸沢嵐=は「次の目的地は分からないが、ナベヅルファンの夢を乗せて大空を優雅に羽ばたいてもらいたい」と期待する。

 

一時のピークを過ぎたものの、最近でも横浜や川崎からも写真愛好家が訪れ、静かに見守っている。

【関連記事】

「動物園の裏側」見ませんか 4月16日に川崎で

横浜市の動物園、鳥類展示見合わせ 千葉の鳥インフル感染で
森の管理法、転換点に 横浜自然観察の森が30年

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング