ラグビーW杯記念し交付 図柄入りナンバープレート、横浜で式典

投稿日: 2017年04月04日 14:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

国土交通省は3日、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を記念し、大会マークを使った図柄入り自動車用ナンバープレートの交付を始めた。図柄入りは国内で初めての導入。横浜市中区で同日、交付式典が開かれた。

 

式典には、横浜ラグビースクールの選手たちも招かれた。第1回W杯日本代表キャプテンを務めた林敏之さん(57)は「このプレートを付けた車が道路を走ることで、ラグビーW杯に興味を持ってほしい」と期待した。

 

乗用車やバス、タクシー、トラック、自家用の軽自動車などが対象で、3月末までに約9,500台の申し込みがあった。希望する場合は交付手数料(神奈川地区は7,080円)が必要。さらに千円以上の寄付金を納めればエンブレムの他に図柄が加わる。寄付金は試合会場までの輸送力増強などに充てられる。

【関連記事】

日産スタジアムで初のラグビー国際試合

横浜市人事、いじめ解決へ注力 ラグビーW杯向け推進室
小田原市がラグビーW杯キャンプ地に応募しなかった理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング