動物たちも驚く?無人運転バス発進 横浜市とDeNAが実証実験

投稿日: 2017年04月25日 13:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

少子高齢化で交通弱者対策が課題となる中、横浜市とディー・エヌ・エー(DeNA)は24日、無人運転サービスや人工知能(AI)を使って解決を目指すプロジェクトを始めた。私道での自動運転バス実証実験を進めた上で、交通事業者とも連携し将来的には公道での無人自動運転サービス化を目指す。27、28日には金沢動物園(同市金沢区)で一般向けに試乗イベントを実施する。

 

プロジェクトは、両者が3月に締結した包括連携協定の一環。市は革新技術でビジネスを創出し、市内経済の成長や社会課題解決につなげる産官学の取り組み「I・TOP横浜」などに基づき、まちづくりや交通計画などに取り組む。

 

同社の自動運転バス「ロボットシャトル」はフランス製で12人乗り。電気自動車で最大速度は時速約40キロ。衛星利用測位システム(GPS)やレーザーセンサー、カメラを搭載し、障害物との距離に応じて自動的に減速、停車する。昨年に横須賀市や千葉市、秋田県仙北市、福岡市で走行実績がある。同社は2018年に私有地での実用、公道での実証実験を行い、20年以降に具体的な地域で無人運転サービスを実現したい考え。

 

金沢動物園での試乗イベントは27、28日の午前10時から午後3時まで。園路片道のあらかじめ決められた2地点約180メートルを往復する。安全性に留意し、客の乗降を確認するスタッフも乗車し、走行エリアに柵を設ける。乗車無料。雨天中止。

 

市と同社の共同発表会で同園の原久美子園長は「山坂が多く園内の移動手段は永遠の課題。実用化ができれば夢のよう」と話した。同社は「利用者の意見を踏まえながら、地域のコミュニティーバスのような形態で公道での運行を目指したい」としている。

【関連記事】

中小のIoT化支援  横浜市 産学官共同で枠組み

自動運転車の宅配便 藤沢で実証実験開始
AIでごみ分別案内 横浜市、ドコモと実証実験

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング