遺体を切断、薬品で溶かす 神奈川県警が2容疑者を逮捕

投稿日: 2017年05月02日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

知人男性の遺体を切断、遺棄したとして、県警暴力団対策課と秦野署などは1日、死体損壊と死体遺棄の疑いで、住所不定、無職の男(41)=詐欺罪で服役中=と千葉県市原市、会社員(52)の両容疑者を逮捕した。県警は同日、秦野署に捜査本部を設置し、男性が死亡した経緯についても調べている。

 

同課によると、亡くなった男性=当時(47)=は、無職の容疑者が経営に関わっていたとみられる秦野市内の建設会社の作業員で、会社員の容疑者も同じく作業員だった。同課は、無職の容疑者が指定暴力団山口組の関係者とみている。

 

逮捕容疑は、共謀して2015年5月3日から同17日までの間、建設会社の敷地内で、男性の死体を切断するなどして遺棄した、としている。

 

別の事件で服役中の無職の容疑者が昨年5月、死体遺棄事件への関与を示す手紙を松田署に送ったことが端緒になった。この容疑者が県警の事情聴取に「死体を電動工具で切断して、強アルカリ性の薬品で溶かした」などと説明したため、建設会社を捜索、敷地内の浄化槽や排水管から人体の一部とみられる骨片や肉片約300点を発見した。骨片などから男性のDNAが検出された。

 

同課によると、無職の容疑者は逮捕後は黙秘、会社員の容疑者は容疑を認めている。捜査本部は、無職の容疑者らが男性に暴行を加えた疑いがあるとともに、他にも関与した人物がいるとみて捜査している。

【関連記事】

湯河原殺人・放火2年 「解決へ情報提供を」

「仕事しろ」で父刺す 逮捕容疑者供述
海外逃亡の44歳男逮捕 相模原・中国人殺害事件で窃盗容疑

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング