母の日にはガーベラを 平塚・マツキバラ園芸

投稿日: 2017年05月12日 15:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

母の日にはガーベラを-。平塚市内で唯一の専業農家・マツキバラ園芸(松木寿永社長)では、14日の母の日を前に色彩豊かなガーベラの出荷作業に追われている。

 

通年流通するが、入学式や母の日などイベントが続くこの時季が最盛期で、週に3万本を市場に送り出す。同園はガーベラ農園としては県内随一の約4千平方メートルの温室で約60種類を栽培し、年間約70万本を生産している。

 

母の日を見据えてピンク色の「キムシー」、オレンジ色の「ファンタ」などが人気という。松木社長は「カーネーションやバラに加え、ガーベラの需要も高まってきた。主役にも脇役にもなれる花。季節に合った豊かな色を楽しんでほしい」と話している。

【関連記事】

母への感謝 花に込めて

青いカーネーション登場 横浜・緑化フェア
カーネーション鮮やか 伊勢原で出荷ピーク

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング