ハマの「街娼」五大さん熱演 横浜大空襲の日に合わせ上演

投稿日: 2017年05月24日 14:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

戦後の横浜に生きた街娼(がいしょう)の生きざまを描く演劇「横浜ローザ」(杉山義法作、大西一郎演出)が26~30日、横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫1号館で上演される。横浜ゆかりの俳優、五大路子さんがライフワークとして演じてきた。舞台だけでなく若者との対話も重ね、戦争が多くの人生を狂わせた実態を伝えている。

 

毎年、終戦記念日の前後に上演するのが恒例だったが、今年は29日の横浜大空襲の日に合わせた。

 

ローザのモデルは、伊勢佐木町や馬車道に立ち続けた白塗りの娼婦(しょうふ)、メリーさん。1921年に生まれ、終戦間もない横浜で米軍将校らを相手に体を売り始めた。劇中の「青春をちょん切られた」「(戦争に)勝っても負けても、女はいつでもどこでも一緒」などの言葉が、戦争に翻弄(ほんろう)された女性の無念を代弁する。

 

五大さんは91年にメリーさんと会い、舞台化の許しを得た。2015年にはかつての敵国、米ニューヨークでの公演も実現。観客の少女から「どんな困難からも立ち上がる女性の姿だった」と感想を寄せられ、若い世代に伝える使命感を覚えたという。立教大のゼミなどと協力し、本作を題材に戦争と市井の人々を巡り議論する場を設けた。

 

劇中に横浜大空襲は出てこないが、上演を控えた4月には杉田劇場で小学生を相手に、大空襲を描いた小説「真昼の夕焼け」を朗読した。横浜詩人会の会長を務めた詩人の故・筧槙二さんが、自らの体験を反映させた作品だ。「若い人たちは素直に想像力を働かせ、受け止めてくれる。多くの人生がないがしろにされた時代を、これからも伝えたい」。五大さんは、それが役者である自分の務めだと考えている。

 

開演は、26日は午後7時、27~30日は同2時。料金は5千円、学生3千円(いずれも前売り)。問い合わせは横浜夢座事務局・電話045(661)0623。

【関連記事】

女性たちの苦悩重ね「横浜」ローザ20周年

馬車道に「メリーさん」登場 五大さんがポスター撮影
馬車道「菓子処 松むら」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング