ラグビー、マッコウ勝負を 元NZ主将、子ども指導 横浜市

投稿日: 2017年05月29日 14:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

ラグビーの元ニュージーランド代表主将で、2011年、15年のワールドカップを連覇したリッチー・マコウさんによる「キッズラグビークリニック in 横浜」が28日、横浜カントリー&アスレティッククラブ(横浜市中区)で開かれた。

 

東日本大震災で被災した子どもたちの自立支援を目的にしたチャリティー企画の一環。マコウさんと、ラグビー日本代表やトップリーグで活躍する小野晃征選手、大野均選手、元日本代表主将のアンドリュー・マコーミックさんらも参加し、小学生から高校生までの261人に指導した。

 

子どもたちはグループに分かれ、マコウさんら指導陣とタッチラグビーをプレー。タックルをしたり、パスの正確さに驚いたりしながら、グラウンドを走り回った。

 

プレー後は、マコウさんが「強い体をつくるための近道はない。とにかく練習を続けることに尽きる」とアドバイス。主将としての心がけや、試合前に必ず行っていたことなども話し、子どもたちは真剣に聞き入っていた。さらに「みんな高いスキルを持っていて、とても楽しく、うれしかった。これからのラグビー人生もがんばってください」とエールを送ると、大きな拍手が起こった。

 

参加した小学5年生の男児(10)=東京都中野区=は、「マコウ選手はパスがとても速かったので、参考にしたい。将来はニュージーランドでプレーしたい」と話していた。

【関連記事】

交流深めノーサイド 子どもラグビー教室でNZ女子代表ら

ラグビー横浜発祥に新説 幕末英字紙に1866年にプレーの記事
あいさつの大切さ、児童にアピール サッカーSC相模原の川口選手ら

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング