C級グルメ受賞メニューが川崎市宮前区役所食堂に

投稿日: 2017年06月27日 12:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

川崎市宮前区で地元産の野菜の消費を進めようと、市民有志や同区が取り組んでいるオリジナル料理の「みやまえC級グルメコンテスト」のグランプリ受賞作が宮前区役所の食堂「レストランみやまえ」に初登場した。「おいC(しい)、たのC(しい)、Community(コミュニティー)づくり」を合言葉に進めてきた関係者は「多くの市民に味わっていただき、地元野菜の良さを知っていただければ」と話している。30日まで。

 

メニューに登場したのは、2014年の同コンテスト受賞作「えびのかくれんぼ」で、菅生産のジャガイモをマッチ棒のように切って、エビを包み、油で揚げたもの。エビがジャガイモの中で「かくれんぼ」しているような料理。折しも宮前区で収穫期を迎えており、「旬のうまさを」とメニューに取り入れられた。1日20食限定で500円。好評で初日の16日には10分たたずに完売した。

 

考案したのは区内に住む主婦の吉永順子(みちこ)さん(67)。市教育委員会の事業「地域の寺子屋」で料理の講師をしていて、「10分程度で彩り豊かな料理ができるレシピ」を考えた。今年1月のコンテストでもサトイモなど地場産野菜5種を活用し、直売所のニンジンを利用した「小腹すいた!おいCみやまスープ」でグランプリを獲得している。

 

「光栄です。地元でたくさん、おいしい野菜が取れることを知ってもらえれば」と吉永さん。食堂では揚げたてにはならないため、天つゆを付ける工夫がされている。

 

コンテストは、農産物の地産地消の推進などを目的に12年1月に初めて開催された。受賞作品のレシピ集の発行や料理教室の開催なども行われている。区とともに主催する「みやまえC級グルメ2017企画委員会」の清水まゆみ委員長は「宮前区でジャガイモを生産していることを知らない人もたくさんいる。地元の野菜の良さをPRしていきたい」と話している。

【関連記事】

若葉町「たん右衛門」黒毛和牛の牛たん

初音町「レストラン シャルドネ」黄金ナポリタン
大さん橋リニューアル 女性や若者集う場所に

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング