タンスに眠る帯をアートに 座間市で作品展

投稿日: 2017年06月28日 13:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

タンスに眠る帯を活用した帯アートを創作し、国内外で活躍している帯アート作家、山本修子さん=座間市=による作品展「帯アート展 うつくしきもの」が28日、ハーモニーホール座間(同市緑ケ丘)のギャラリーで始まる。7月4日まで。入場無料。同市教育委員会の主催。

 

帯を切らずに折りたたんだり、結んだりして華やかな装飾に仕立てた約100点が並ぶ。季節に合わせて夏用の帯を展示しており、カブトムシやコガネムシなどを刺しゅうした大正時代の珍しい帯も見られる。

 

山本さんは座間神社の山本孝司宮司の妻で、同神社会館「すいめい」で帯アートを指導する会「アクセントグリーン」を主宰。会場には同会の会員約30人が、七夕の短冊をイメージして各自の作品を持ち寄った一角もあり、竹林をほうふつとさせる空間に優雅な雰囲気を醸し出している。

 

もてなしの食卓を表現したテーブルには、帯アートとともに山本さんが30年にわたって収集してきた生け花を描いた陶磁器も並ぶ。

 

山本さんは「帯アートは古来伝わる日本の文化を、現代の生活に生かすことができる。優雅なひとときを会場で楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。

 

午前9時半~午後5時。最終日は午後4時まで。28日と7月1日にどちらも午後2時からデモンストレーションとトークを行う。問い合わせは、同委員会生涯学習課・電話046(252)8476。

【関連記事】

アートと音楽が融合 女優・渡辺梓さん朗読会 横浜

山北で復活、D52描く絵本を朗読
絵本に夢と誇りを 登場人物を子どもたちが命名 海老名

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング