「シウマイ弁当」の作り方は? 崎陽軒の横浜工場見学がリニューアル

投稿日: 2017年07月13日 13:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

崎陽軒(横浜市西区)は12日、同市都筑区の横浜工場の見学を8月2日からリニューアルすると発表し、報道陣に新たな見学コースを公開した。6月下旬に稼働した新設の弁当製造の箱詰めライン見学が加わる。シウマイの製造工程に加え、駅弁の定番「シウマイ弁当」の作り方も知ることができるとあって、3カ月先まで予約が埋まる人気ぶりに拍車が掛かりそうだ。

 

1954年誕生のシウマイ弁当。見学ではまずその歴史やおいしさの秘密をVTRなどで学び、作業エリアに向かう。ガラス越しに目に飛び込んでくるのが、約20人が一列になってシウマイ弁当を箱詰め作業する様子だ。

 

まずはシウマイを箱に5個詰める。続いて筍(たけのこ)煮、鮪(まぐろ)の照り焼き、かまぼこ、玉子焼き、鶏唐揚げ、あんず-。流れ作業で担当者が次々とおかずを詰めていくと、ぱっと彩りが明るくなる。ふたをして、ひもを結べば完成。生産の効率化を目指し、現在は最終調整中という「ひもかけ機」もすぐそばで運転している。

 

新設した弁当ラインでは新ライン設置を記念して、22日まで期間限定で販売するメガシウマイ弁当と、MINIプレミアムシウマイ弁当の3種類を、1日計4千個製造。将来は3倍となる1万2千個の製造を見込む。新設に伴い従業員は50人増の300人となったが、さらに30人増員する計画だ。設備投資額は15億円という。

 

昨年度は2万人が参加した工場見学。改装後は受け入れ枠を1日80人増やす。同社の歴史や弁当のおいしさの秘密、出来たてのシウマイを試食することができるのも魅力だ。崎陽軒の広報・マーケティング部は「より多くの人に崎陽軒の安全、安心の物づくりを知っていただけるとありがたい」と話している。

 

リニューアルした工場見学の受け付け開始は21日午前7時から。8月2日から10月21日分まで受け付ける。25日以降は、見学日の3カ月前から予約できる。参加費無料。開催日は毎週水、木、金、土曜日。午前9時30分、11時、午後0時30分、2時からの4回で、各回45人まで。所要時間は約90分間。予約・問い合わせは、横浜工場 工場見学担当・電話045(472)5890、またはホームページで。

【関連記事】

「メガシウマイ弁当」販売へ 崎陽軒

「ひょうちゃん」ぬいぐるみ 崎陽軒が発売

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング