犠牲者愛称も公表できず 神奈川県知事「排除ない社会を」

投稿日: 2017年07月26日 15:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

相模原殺傷事件で命を奪われた19人の氏名公表を巡り、黒岩祐治知事は25日の定例会見で「1年が過ぎて『愛称だけでも』と話したが、家族から同意を得られなかった」と吐露。今も家族が抵抗せざるを得ない社会を憂い、障害者を特別視しない共生社会の実現を訴え続けていくと改めて誓った。

 

事件発生時、県警は「知的障害者の支援施設であり、遺族のプライバシー保護の必要性が極めて高い」として犠牲者を匿名で発表。県も「家族の意向に配慮するのはやむを得ない」(黒岩知事)として氏名を明らかにせず、24日の追悼式では「我慢強くて笑顔がすてき」といった19人の人柄の紹介にとどめた。

 

知事は会見で「家族の意向を抑えてまで発表することはふさわしくないという思いは今も変わらない」としながらも、「本来なら犠牲者名を読み上げて皆でしのぶのが普通」と言及。式典の10日ほど前に家族会と園側に氏名や愛称の公表を打診したが同意を得られず、「せめて思い浮かべられるエピソードを」と再要請しても、当初は「特定」を懸念して4~5件しか集まらなかったと打ち明けた。

 

その上で「家族を責めるのではなく、周囲の差別を痛いほど感じる社会がまだあることの裏返し」と述べ、排除のない社会の理念を繰り返し訴えていくことの必要性を強調した。

【関連記事】

相模原殺傷事件1年で「やまゆり園」に献花台 関係者らが冥福祈る

障害者は「不幸ばらまく存在」 植松被告、今も差別意識
相模原殺傷1年 遺族ら参列し追悼式

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング