粒ぞろいの味 茅ケ崎産ブドウ「藤稔」かき氷、ジャムなど5業者が商品化

投稿日: 2017年07月28日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

間引きした茅ケ崎産のブドウ「藤稔」を活用した新たな商品が生まれた。茅ケ崎市内の生産農家と商業者を市が引き合わせて商品化。廃棄されていた果実が、かき氷のシロップやジャム、ピクルスなど、うだるような夏にぴったりの、爽やかな酸味が魅力の一品に生まれ変わった。

 

商品を開発したのは▽レストラン「なんどき牧場」(同市今宿)▽ジャム専門店「きくやマルシェ」(同市矢畑)▽ケーキ屋「レプラコーン。」(同市甘沼)▽同「グラングラン」(同市茅ケ崎)▽同「モンベランジュ」(同市浜之郷)。

 

「なんどき牧場」がピクルス(500円)、「きくやマルシェ」が手作りジャム(700円)、「レプラコーン。」が摘果ブドウのシロップなどをかけたかき氷(500円)やゼリー(400円)、「グラングラン」がケーキ(350円)、「モンベランジュ」がタルト(価格未定)を商品化した。

 

ブドウを提供したのは、同市西久保地区で農園を営む小西利章さん(67)。農園では、大きく味や質の良い果実を育てるため、紫色に色づく前にブドウを間引き、例年200キロほど廃棄していたという。

 

小西さんから「有効活用できないか」と相談された市は、市内の商業者に摘果ブドウを提供して商品化を打診。試作段階を経て、5事業者が今月上旬、農園から1キロ300円で計約130キロを買い取った。市産業振興課は「今後も地域資源の掘り起こしや、商品開発や販路拡大などを支援していきたい」としている。

 

タルト以外は既に販売を始めており、タルトは7月末から8月初旬にかけて販売される予定。商品に関する問い合わせは各店舗へ。

【関連記事】

大粒巨峰たわわに 伊勢原でブドウの収穫始まる

ブドウたわわ 甘みたっぷり 神奈川区で直売
茅ケ崎産の野菜PR 住民ら直売や料理楽しむ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング