SHOPトリエンナーレ、4日開店 ビジネス機会創出へ

投稿日: 2017年08月03日 13:00 JST

image

(写真提供:エクスポート/神奈川新聞社)

 

3年に1度開かれる現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス」の4日の開幕に合わせ、会場の一つである横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜市中区)に、同展公式グッズなどを取り扱う「SHOPトリエンナーレ2017」が同日オープンする。横浜を拠点とするグラフィックデザイナーやイラストレーターなど46組が販売する商品には、地域の中小企業とコラボレーションしたものも。同ショップは、商品の販路拡大を模索する試みでもある。

 

プロダクトデザイナーの伊東祥次さんが手がけた、軽く透明感のある壁掛け時計「Blister Clock」は、生鮮食品のトレーを生かした商品。横浜市文化観光局による市内中小企業とクリエーターをつなげる事業「texi yokohama」を契機に、同市瀬谷区のプラスチック製品製造、小林製作所が持つ真空成形技術との協力で誕生した。クリア、オレンジ、ブルーなどの5色展開で、二つのサイズがある。

 

ブランディングデザイナーの小崎直利さんも、技術力がある地域の中小企業と組んだ。販売しているのは、ヘアゴム製造のトップ企業でシェア6割を誇るイノウエ(相模原市緑区)の組みひも技術で編み上げた横浜カラーの「組ヒモブレスレット」。多彩な青の濃淡と白色を基調とした爽やかな商品にはシンプルな金属のチャームも付き、男女問わず使える一品となった。

 

このほか、ショップでは財布や手ぬぐいといった生活雑貨、アクセサリー、文房具などの作家手作りのものも販売され、各クリエーターの制作の意図や、商品に込めた思いなども紹介する。

 

ショップには、クリエイターのビジネス機会を創出する、という狙いもある。クリエイターには、販路開拓に苦戦したり、活動の中心エリア以外との交流が薄く、ものづくり企業などの協力者と知り合うきっかけがないといった悩みを抱える人も少なくないという。

 

ショップの運営事務局、エクスポートの田中あづささんは「横浜デザインシーンのスタートにしようと企画された。ここから新たな一歩が生まれれば」。伊東さんは「手作りではなく、量産し適正な価格で売るというビジネスの形を、企業と共に作っていくことが重要。国内外から多くの来場者が見込まれる場所で、クリエイターと企業の取り組みを知ってもらうことで、裾野が広がることを期待している」と話している。

【関連記事】

横浜根差した展示に トリエンナーレ参加作家など発表

横浜美術館改修へ 20年度から2年半休館

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング