鮎まつり花火大会 夜空彩る1万発 厚木市

投稿日: 2017年08月08日 13:00 JST

image

(写真提供:厚木市/神奈川新聞社)

 

厚木市最大のイベント「あつぎ鮎まつり」が5、6日に小田急本厚木駅周辺の市街地で開催された。相模川河川敷(三川合流点)を会場に5日夜行われた大花火大会は、53万5千人(主催者発表)が楽しんだ。

 

花火は午後7時スタート。協賛者のメッセージ付きスターマインなど趣向を凝らした約1万発が夜空を彩った。フィナーレでは300メートルの仕掛け花火「大ナイアガラ」の後、市民協賛金による「みんなの花火」を次々に打ち上げ、観客がスマートフォンなど発光ダイオード(LED)ライトを点灯し、花火師に感謝の思いを伝える「あつぎスターライト」で締めくくった。

【関連記事】

夏の風物詩さまざまに 相模原市内各所で催し

障害者の大輪デザインが初登場 多摩川河川敷で19日花火大会
鎌倉花火大会の決算見込み、1600万円黒字 市が発表

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング