身近な戦争遺跡知って 慶応大日吉キャンパス地下壕 横浜市

投稿日: 2017年08月15日 13:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

太平洋戦争末期、旧日本海軍の連合艦隊司令部が置かれた慶応大日吉キャンパス(横浜市港北区)の地下壕(ごう)を紹介するパネル展が同区の市港北図書館で開かれている。主催者は「戦争遺跡を多くの人に知ってほしい」と話し、会期中には展示解説もある。

 

1944年以降に掘られた地下壕の総延長は5キロ以上とされ、現在は連合艦隊総司令部の約500メートルが見学可能。パネル展を共催する日吉台地下壕保存の会の佐藤宗達さん(68)=瀬谷区=は「あまり知られていない地下壕の存在を知って、現地の見学会にも来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 

パネルは約40枚で、地下壕内部や同会の活動を紹介している。キャンパス周辺に計4カ所ある日吉台地下壕の配置図ほか、見学会のパネルなどが並ぶ。地下壕中心部に造られた電信室の写真には「約30台の短波受信機が備えられ、100人を超える隊員が交代で受信に当たっていた」といった説明もある。

 

34年に誕生した同キャンパスの戦時下の歴史なども紹介。軍事教練で行進する学生や陸上競技場で行われた報国隊結成式の写真もある。

 

同会は月2回、定例見学会を実施するほか、ガイド養成講座を開催。副会長の亀岡敦子さん(70)=港北区=は「戦争と平和の問題を考えることができる貴重な戦争遺跡。戦争体験者が減る中、埋もれそうな歴史を掘り起こし、伝え続けていきたい」と話す。

 

27日まで。同日午後2~4時には佐藤さんらが随時、パネル写真の解説をする。申し込み不要。21日は休館。問い合わせは、同図書館・電話045(421)1211。

【関連記事】

姉と弟は同胞に殺された 満蒙開拓団地獄の逃避行

「戦争は殺しっこ」元勤労動員女学生が川崎で体験談
浦賀、復員の苦労とは 引き揚げ船の歴史展示

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング