夏の長雨、各地で悲喜 海水浴客4割減、布団乾燥機売り上げ3倍 神奈川県

投稿日: 2017年08月17日 13:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

8月に入って、県内をはじめ東日本の太平洋側を中心に雨が降り続いている。日照不足、低めの気温。さまざまな方面で影響が出始めた。

 

横浜地方気象台によると、横浜では7~16日の10日連続で雨を観測した。8月としては1977年の連続21日が最長だが、今後1週間程度は雨や曇りの天気が続くとみられる。

 

1~15日の日照時間は横浜で平年比52%減の49.2時間、平均気温は0.6度低い26.2度にとどまる。海老名や辻堂、小田原、三浦でも同様の傾向という。下旬は一転して残暑が厳しくなり、30度を超える暑い日が続く見込みという。

 

■「最悪のお盆」

 

ぐずつく天候の直撃を受けたのが海水浴場だ。鎌倉市によると、市内の三つの海水浴場(材木座、由比ガ浜、腰越)の1~14日の海水浴客は計21万5千人で、昨年の同じ時期に比べて約4割減った。

 

海の家でつくる由比ガ浜茶亭組合の増田元秀組合長は「史上最悪のお盆だ。この業界に30年いるが、お盆が全滅したのは初めてじゃないか。ビーチは人が少なくてさみしい。来週以降なんとか晴れてほしい」。

 

屋外ビアガーデンを構える横浜ベイクォーター(横浜市神奈川区)の担当者も、「気温も上がらず厳しい。書き入れ時なのに約260席の半分程度しか埋まらないこともある」と嘆く。


■雨傘販売3割増

 

一方、思わぬ活況も。家電量販店のノジマ(同市西区)では、布団乾燥機の売り上げが対前年で300%に達した日も。担当者は「メーカーによっては欠品も出た。この時期では異例」と驚きを隠さない。

 

同じく“恵みの雨”となっているのは百貨店業界。横浜高島屋(同区)では、15日までの1週間の雨傘の売り上げが、前年同期比35%増。婦人服の秋物が早くも動き始め、カーディガンなど羽織り物が15%増と好調だ。そごう横浜店(同区)は「体験型イベントも含めて全体の動向は全ていい」。そごう美術館のレオナルド・ダ・ヴィンチ展の入場者数は予測の2倍に上る。

 

プロ野球の横浜DeNAベイスターズは15日の横浜スタジアム(同市中区)での中日戦が中止に。翌16日も小雨が降り続き、スタンドは空席が目についた。雨天中止が続けば、シーズン終了間際の日程が過密になる。ラミレス監督は「(このままだと)9月がエキサイティングなことになるね」と苦笑いを浮かべた。

【関連記事】

ランドセル商戦、早くも大詰め

九州豪雨1カ月災害支援垣根越えて オール神奈川へ「さくら会議」
【社説】九州豪雨1カ月 避難の意識根付かせよ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング