相模原市の公園に毒キノコ

投稿日: 2017年08月30日 12:00 JST

image
(写真提供:相模原市/神奈川新聞社)

 

相模原市中央区上溝の道保川公園内で、毒性の強いキノコ「カエンタケ」が見つかり、ただちに除去された。市は来園者に「見つけても絶対に触らないように」と注意を呼び掛けている。

 

市公園課によると、25日午前10時ごろ、同公園を訪れた市民が自生していたカエンタケを発見し、市へ情報提供した。同課が園内を点検し、他の場所では見つからなかった。

 

カエンタケはボタンタケ目ボタンタケ科トリコデルマ属のキノコで、高さ10~13センチに成長する。全体が炎のように上に伸びている赤色が特徴。毒性が強く、触れるとかぶれることがあり、食べて死亡した例もあるという。

【関連記事】

横浜港で有毒のゴケグモ

有毒のセアカゴケグモ発見 相模原

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング