珍しいキノコ「見守って」 学芸員・吉田さんが愛川町で発見

投稿日: 2017年10月16日 15:00 JST

image
(写真提供:吉田文雄さん/神奈川新聞社)

 

神奈川新聞地域版で「四季のたより」を長期連載した厚木市飯山在住、吉田文雄さん(74)が学芸員を務める県立愛川ふれあいの村(愛川町半原)で珍しいキノコを見つけた。

 

吉田さんによると、マユハキタケ科のカキノミタケで、渋柿の種子に黄色い小さな姿をのぞかせている。形はこん棒状や鹿の角状で大きさは0.5~2センチ。亜熱帯性でオニグルミや柿などの茂る雑木林の腐植土で繁殖するが、周辺ではあまり見られない種類という。

 

吉田さんは「今シーズンは台風や9月の長雨の影響なのか、9月末から見られる。小さいキノコなのでそっと見守ってほしい」と話している。

【関連記事】

絶滅危惧種の水草間引き 厚木

完全養殖クロマグロ フィード・ワン、11月から出荷へ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング