農村の深まる秋再現 川崎・日本民家園で「扱き上げ」展示

投稿日: 2017年10月24日 13:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

稲刈りと脱穀を終えた農家が収穫を祝う珍しい行事「扱(こ)き上げ」を再現した展示会が、川崎市立日本民家園(同市多摩区枡形)で開かれている。11月の吉日に行われていた民俗行事を調査、かつて農村にあった深まる秋の風景を忠実に伝える。

 

扱き上げは、10月の収穫祝い「刈り上げ」後に行われた年中行事。同区登戸から移築された県指定重要文化財の旧清宮家住宅に、稲や米、脱穀用の千(せん)歯(ば)扱き、米の大小を振り分ける網状の万(まん)石(ごく)などが、お供えのぼた餅とともに飾られている。

 

学芸員の関悦子さんによると、収穫への感謝のほか農作業に携わった家族を慰労するのが目的。「50年ぐらい前まで農家で実際に行われ、道具も当時のままに再現した。これが終わると農閑期に入り、家の中で玄米を精米する作業が続けられた」と説明する。

 

展示会は11月5日まで。問い合わせは、民家園・電話044(922)2181。

【関連記事】

秋晴れ富士山くっきり 台風一過で暖かく、夏日も

揺れる銀穂、深まる秋 箱根・仙石原でススキ見ごろ
色とりどり咲き競う「くりはま花の国」コスモス見頃

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング