「捺染」をすてきな服に 作家・伊藤さんとギルダ横濱コラボ

投稿日: 2017年11月10日 12:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

横浜市在住のソーイング作家伊藤みちよさん(52)が、横浜の伝統技術「横浜捺染(なっせん)」のオリジナル生地を使ったワンピース制作に挑んだ。捺染技術を継承する職人集団「協同組合ギルダ横濱」とのコラボレーションによって実現。手作りの価値を発信するとともに、新たな展開が可能になったと高く評価された。10日から市内で開かれるハンドメードイベントで、最高賞の「ゴールド賞」が贈られる。

 

「May Me」の名でブランドを展開する伊藤さん。イベントや個展で制作・販売を行うほか、著書や雑誌で作品を発表するなどしている。

 

今回の制作は、ギルダ横濱からオリジナル生地を提供されたのがきっかけ。海を連想させるブルーと白のストライプ柄と横浜三塔(県庁、横浜税関、横浜市開港記念会館)が描かれている。ギルダ横濱には服飾デザイナーが所属しておらず、伊藤さんとの出会いによって、ワンピースという初めての試みが実現した。

 

10~12日にパシフィコ横浜で開催の「ハンドメイドメイカーズ2017」(日本ホビー協会主催)の第1回となる「メイカーズアワード」に応募。見事、ゴールド賞に選ばれた。

 

「市内の観光施設などで働く人に着てもらえたら」と伊藤さん。ギルダ横濱専務理事で事務局長の内藤信義さん(76)は「職人たちが元気をもらったのが何よりもうれしい。(クリエーターらとの)今後の新たな出会いも楽しみだ」と話している。

 

授賞式は10日正午から。イベント期間中は、横浜スカーフ親善大使が三塔のワンピースを着るほか、ワンピースの手作りキットも販売。ギルダ横濱の捺染の実演やワークショップ、伊藤さんやクリエーターたちの作品販売などが行われる。

 

問い合わせは、事務局・電話03(5206)5499。

【関連記事】

横浜捺染工法で商品化 伝統と斬新さ融合 ブランド「AMONG」

ハンドメイド・メイカーズ 10~12日、パシフィコ横浜で開催

ぶらり♪:みなとみらい「Marcaランドマークプラザ店」熟練の技を継承

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング