米艦事故、再発防止を 横須賀でシンポ

投稿日: 2017年11月24日 13:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

頻発している米イージス艦事故の再発防止策を考えるシンポジウムが23日、横須賀市本町の産業交流プラザで行われた。市民団体「原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会」の主催で、市内外から約60人が参加した。

 

米海軍横須賀基地(横須賀市)に配備されているイージス艦を巡っては、1月から8月にかけ、衝突事故や座礁事故が3件発生。米艦の乗組員計17人が死亡した。シンポジウムでは、同団体の呉東正彦弁護士が、米海軍がまとめた調査報告書の内容を紹介。人的ミス、訓練不足、乗組員の疲労、海上交通ルールの不徹底などを原因として挙げた。

 

元日本政府中東派遣船船長も登壇。6月に静岡県・伊豆半島沖でコンテナ船と衝突したイージス駆逐艦フィッツジェラルドが、航行に関するローカルルールを認識していなかったことを問題視し、「日本のルールに合わせるのを徹底するべき」と強調した。

 

呉東弁護士は、北朝鮮情勢などを受け「軍事的緊張による過重スケジュールが事故を生み出している」と指摘。「平和外交による緊張緩和が、安全を守るのに必要」と述べた。

 

さらに、過密な東京湾での事故や原子力艦事故を念頭に「日米合同委員会を開き、航行安全について取り決める必要がある状況。事故防止体制の確立を横須賀市や国は米軍に求めるべきだ」と訴えた。

【関連記事】

沖ノ鳥島沖の米軍機墜落「不安かき立てられる」、神奈川でも懸念

イージス衝突、トップ3者で初の情報交換 横須賀市、米海軍、海自
米艦載機が深夜飛行 大和、綾瀬市中止申し入れ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング