中学給食、センター方式に 寒川町、大磯問題受け変更

投稿日: 2017年11月28日 13:00 JST

関連キーワード

image
(写真・神奈川新聞社)

 

寒川町は27日、2019年1月に町立中学校で開始予定だった「デリバリー方式」の給食を取りやめ、小中一括の「給食センター方式」に提供方法を変更、あらためて23年をめどに実施する方針を明らかにした。

 

製造・配送を外部委託するデリバリー方式を巡っては、大磯町立中学校で食べ残しの多さと異物混入の問題が発覚していた。寒川町によると、生徒や保護者からデリバリー方式に不安の声が上がったことなどが理由という。

 

同町の小学校5校は校内で調理する「自校直営式」を採用。中学校3校では牛乳だけを提供する「ミルク給食」を実施しているが、町は15年2月、中学校について持参弁当と給食を選べる選択制のデリバリー方式の導入を決めた。

 

しかし、今年9月に大磯町立中学校で異物混入などが発覚。寒川町が10月に利用するとしていた生徒と保護者(計905世帯)にアンケートを行ったところ、利用したいと回答した保護者は47%、生徒は23%だった。今月のPTA連絡協議会でも学校関係者から不安視する意見が寄せられた。

 

一方、小学校給食については、17年度当初予算に1億5千万円を計上し、老朽化した1校の給食室の改修を8月に予定していたが、自校直営式を今後も維持した場合のコストを考慮。中学校の提供方法と合わせて検討し、小中学校の給食を一括で調理する給食センターを設置することにした。

 

木村俊雄町長は「安全な給食を提供するため、最終的にセンター化という選択をした。給食センターは町有地を活用していきたい」と語った。

【関連記事】

「準要保護」支援なし 休止で負担逆戻り 大磯中学給食

大磯・中学給食休止1カ月 騒動沈静も“後遺症”

中学給食委託、大手3社に断られる 大磯町教委

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング