いざへの備え満載 パシフィコ横浜で震災対策技術展

投稿日: 2018年02月09日 15:00 JST

image

(写真・神奈川新聞)

 

地震や津波、風水害などの被害軽減につながるシステムや製品、研究成果を紹介する震災対策技術展が8日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区のパシフィコ横浜で始まった。大雪などで身動きが取れなくなった車の中で使える便利グッズや自主防災組織向けの災害対応アプリなど、幅広い備えのアイデアが提案されている。9日まで。

 

車載用の防災セットは、高温時や低温下でも傷まない水やクッキー、携帯トイレ、反射材付きの手袋などのほか、車を置いて避難する場合に連絡先などを書き込めるカードも備わっている。出品した企業の担当者によると、「福井の大雪があったばかりで、来場者の関心は高い」という。

 

災害対応アプリのコーナーも人気を集めた。今春提供開始予定の自治会や自主防災組織向けのアプリは、災害直後のメンバーの招集や被害状況、住民への連絡などをスマートフォンで発信、共有できるのが大きな特徴。支援を求めたいときは「助けて!」と通知することも可能という。

 

津波避難用のシェルターや耐震ベッド、天井の落下を防ぐ補強材、水害対策用の止水板や冠水警報システムなども出品。非常食の試食もでき、しっとりとした食感で飲料がなくても食べやすいコッペパン、長期保存が可能なそうめんなどが注目された。

 

同展は1995年の阪神大震災後にスタートし、今年で22回目。実行委員会によると、国や自治体、研究機関、企業など計214の団体が出展し、専門家らによるシンポジウムやセミナーもある。午前10時〜午後5時。入場無料。

【関連記事】

被災者を鎌倉に招待へ 資金集める慈善演奏会を開催

【減災新聞】〈知る深める〉携帯トイレを備えよう 体調悪化防ぐ効果も

台湾の学生、災害対策学ぶ 関東学院大で講義

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング