小中学生の五輪観戦費用を全額補助 海老名市が構想

投稿日: 2018年04月26日 15:00 JST

image

(写真・神奈川新聞)

 

海老名市の内野優市長は25日の定例会見で、市内小中学校の全児童生徒に2020年東京五輪・パラリンピックを観戦してもらおうと、費用を全額補助する構想を明らかにした。関連費用を19年度予算案に計上する方向で検討を始める。

 

市内小中学校の児童生徒数は約1万700人(4月現在)。具体的な補助内容は未定で、今後は観戦に関する費用などの情報収集をはじめ、子どもたちの希望に沿う競技種目の入場券が確保できるか、集団でどのように会場にアクセスするか、といった課題を整理していく方針。

 

内野市長は1964年の東京五輪について「小学生の時だったがゆとりもなく、行けなかった。それでも、カラーテレビで赤と白の日本のユニホームを見た時は感激した」と振り返り、2020年に向けて「子どもたちが現地で五輪を見ることは一生の思い出になる」と述べた。伊藤文康教育長も「一つの歴史に立ち会い、世界を実感できることも大きな学びにつながる」と構想の実現に意欲を示している。

【関連記事】

共生社会推進へ伊勢原市が基本計画 東京五輪開催受け

東京五輪の事前キャンプ地で合意 県とミャンマー

横浜市内の聖火リレー「港」「郊外」をイメージ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング