「お父さんのところに帰るよ…」 被害者の父、声振り絞り 米軍属女性死体遺棄事件から1週間

投稿日: 2016年05月27日 18:00 JST

関連キーワード

image

(写真・琉球新報社)

米軍属女性死体遺棄事件で、被害者の女性の遺体が発見されてから26日で1週間になる。被害者の女性の父親(56)が25日までに琉球新報の取材に応じ、「基地はいらない。基地があることで県民がいろいろな目に遭っている」と率直な思いを語った。父親は23日、事件後初めて遺体が見つかった現場を訪れて手を合わせ、「お父さんのところに帰るよ。みんなと一緒に付いてきて」などと語り、嗚咽(おえつ)した。

「娘がどんなに痛い、つらい思いをしたのか。考えるとたまらない」。一人娘を思い、声を絞り出した父親。容疑者に対して、「絶対に許せない。同じように痛い、苦しい思いをするべきだ」と厳しい処罰を求めた。

遺体の発見現場で膝を付き、「一緒に帰るよ」と娘に声を掛けた。「娘の魂を拾いに行った。連れて帰ろうと思って」

21日に行われた告別式には800人が参列。発見現場に連日、親族、友人、知人のほかにも多くの県民が訪れ、花束を手向けたり、手を合わせて冥福を祈ったりしている。父親は「皆さんの好意に感謝している。娘が皆さんにかわいがられていたことや、関心を持ってもらっていたとあらためて感じた」と述べた。

米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設については「県民や名護市民が造ってほしくないと願って、反対している」と指摘。告別式に中谷元・防衛相が参列したことについては「複雑な気持ちだった」と言葉少なに語った。その上で「今は悲しくつらい気持ち。静かにそっとしておいてほしい」と話した。

【関連記事】

「本当の追悼は、二度と事件を起こさない決意」 緊急県民集会

アンダギー800個で「熊本元気に」 赤十字奉仕団手作り

これが海兵隊の研修か!! 米軍は「カリスマ」沖縄県民見下し…

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング