閉館前の成人映画館、女性記者が行ってみた フィルムで味わう成人映画

投稿日: 2016年07月22日 12:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

小雨降りしきる6月某日、周囲の目を気にしながら記者はコザ琉映館へ足を運んだ。赤いペンキが塗られた壁面は、所々コンクリートがむき出しになっていて、年季を感じさせる。

 

静まりかえる劇場入り口には、本当に成人映画館か疑いたくなるほど快活なおばちゃんが、もぎりをしていた。「あいっ、あんた記者ね? もう最後だから、ゆっくり見ていったらいいさ」

 

扉を開けると、ほこりとたばこの残り香が交じり、独特の雰囲気。通された客席は真っ暗で、足元が見えない。クーラーはあまり効かず、大型扇風機2台が回り、映画の音をかき消す。

 

隣の客と十分な距離を保ち観賞する客の姿が、暗闇にうっすら見える。スクリーンには裸体の女性が映っている。コメディータッチの内容に、思わずツッコミを入れたくなるのを我慢。たまに映像に映りこむ黒丸や映像と音のほんのわずかなズレなどが、フィルムならではの味わいを醸し出している。

 

トイレに立つと、ペーパーがない。もぎりのおばちゃんに問うと「トイレにペーパーを置いてたら、そこら中ペーパーだらけよ。はっはっは」と笑い飛ばす。

 

2階の映写室では2台の映写機を交互に使い、フィルム技師が慣れた手つきでフィルムをセットする。「映写機の修理師も県内にはもういない」と使い古された取扱説明書を出す。表紙の裏には「1953年」と手書きがある。故障したらどうするのか聞くと「県外から技師を派遣してもらうよ」と説明書をめくる。

 

「昔はね、ここも邦画とか任侠(にんきょう)物とかやっていたんだけどね。大型映画館とかできてからは、難しいかな」と複雑な表情を浮かべる。50年余りここで回り続けた映画フィルム。「時代の流れだから、仕方ないよ」と、寂しそうに技師はフィルムに手を掛けた。(上江洲真梨子)

【関連記事】

コザ琉映館閉館 「寂しい」惜別の声

さよならコザ琉映 31日閉館
「ザ・思いやり」予算 ドキュメンタリーで問う

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング