観光ツアー費で子ども支援 居場所づくり「普天間プロジェクト」始動

投稿日: 2016年07月28日 12:00 JST

image
普天間居場所づくりプロジェクト発起人の赤嶺和伸さん=27日、宜野湾市新城
(写真・琉球新報社)

【宜野湾】宜野湾市で平和観光と子ども支援を融合した「普天間居場所づくりプロジェクト」が動き出している。修学旅行生らを対象に市内各地を案内する「命どぅ宝ツアー」を実施し、集めた資金で子どもたちの居場所を運営する計画だ。子ども食堂の機能も含めた居場所「そいそいハウス」を8月中旬に開所するため、準備を進めている。

 

発起人の赤嶺和伸さん(62)=同市野嵩=は「人権は平和と常に一体だと考えている。現実の普天間を見て平和について考える機会にしてほしい」と語った。

 

「ツアー」では講師料として1人千円(学生800円)を集め、スタッフが約2時間、普天間市民駐車場や米軍キャンプ瑞慶覧・西普天間住宅地区跡地などを案内する。これまでに県外からの8組が参加した。

 

居場所「そいそい」は21日、宜野湾市新城で仮開所し、子どもたちが連日15人前後訪れている。夏休み中は午前10時から午後6時まで開き(火曜定休)、8月中旬に正式開所する。

 

同プロジェクトは子どもたちを見守る大人の支援者や寄付も募っている。今後、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングも予定。問い合わせは赤嶺さん(電話)090(8291)8436。

【関連記事】

学習・食育を無償支援 石垣初の子どもの居場所

中退と貧困化防ぐ 学習、生活、就労を支援
始まりは「戦争孤児」 沖縄の子どもの貧困 連鎖断ち切る 法律活用を

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング