渡嘉敷村チービシ、アジサシ2倍の1241羽に 保護対策が奏功

投稿日: 2016年08月09日 12:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

県自然保護課は8日、県の鳥獣保護区である渡嘉敷村チービシ(ナガンヌ、クエフ、神山の三島)でアジサシ類の調査を実施した。約650羽が確認された昨年同時期の調査より約2倍多い1241羽の繁殖が確認され、順調な状態だった。環境省レッドリストの絶滅危惧種2類に指定されるベニアジサシやエリグロアジサシのほか、チービシでマミジロアジサシのひなが初めて確認された。

 

ナガンヌではベニが約千羽、エリグロ約60羽、マミジロが本島近海で例年より多い約40羽が繁殖していた。クエフはベニが120羽、エリグロが14羽繁殖し、マミジロ2羽、オオアジサシ1羽があった。巣はベニが4巣、エリグロ2巣だった。神山はエリグロが1巣、ベニ若鳥1羽、マミジロ成鳥が3羽確認できた。

 

ナガンヌで昨年より多い繁殖が確認されたことについて、沖縄野鳥の会の山城正邦会長は「観光客の立ち入り防止のためのロープを張って効果が出た。順調にスタートして進んでいる」と評価した上で「観光客が入るなどしてクエフで放棄されている巣が五つあった」と指摘した。

【関連記事】

アジサシ100羽が群舞 恩納村で観察会

N1裏ゲート監視、映像拡散で運動拡大 市民排除に反発
約300人が泊まり込み 北部ヘリパッド建設 テントの撤去実施されず

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング