ロープを引くのは物足りない… 藁を編んで綱引き 南城・大里字古堅区

投稿日: 2016年08月12日 11:00 JST

image
藁で編んだ綱引きを60年余ぶりに再現し、笑顔でカヌチ棒を差し込む上原区長=7月29日、南城市大里・古堅区の「ウマイー」
(写真・琉球新報社)

【南城】南城市大里の古堅区(上原良三区長)は7月29日、雨を乞うアミシ行事を開催した。60年余ぶりに、ロープではなく藁(わら)で編んだ綱での綱引きを復活させた。

 

ロープだけで引くのは物足りない。藁で綱を作って地域活性化につないでいこうという要望に応え、区民30人が区外で手に入れた藁で綱作りに挑んだ。

 

上原区長ら区三役が区内の拝所を回り「アミフリタボリ」と拝み、豊年祈願した。午後6時ごろから区民が公民館前に集まり旗頭「豊年」と「金聲玉振」を先頭に藁の網をみんなで担いで東、西の両方に分かれて道ジュネー。

 

集落高台の綱引き会場ウマイー(馬場)に上って対峙(たいじ)。どらやほら、太鼓が鳴り響く中、東の久微利組、西の新島組に分かれ「ハーイヤ」と威勢よく引き合った。男女別綱引きも行われ、旗頭を揺らしてのガーエーも意気盛んに行われた。

 

上原峻青年会会長らによる独特のハイファー棒術の演技も、これまでにない気迫に満ち、区民らを魅了した。綱作りから加わったという照屋充教さん(80)は「藁を触っていると昔のことが思い出され、うれしかった」、鉦鼓を鳴らして綱引きを鼓舞した上原一宏さん(66)は「幼いころ綱を引いた場所が頭に浮かんできた」と懐かしそうに話した。

 

久しぶりに参加した上里由記子さん(66)は「藁で編んだ綱引きが再現されると聞いて、孫を連れて力を込めて懸命に引いた。楽しかったが、翌日肩が痛くならないか心配」と喜びいっぱい。

 

上原区長も「こんなに区民に喜んでもらえるとは。みんなの協力で、やっと思いがかなった」と満面の笑みで語った。(知花幸栄通信員)

【関連記事】

東、6年ぶり勝利 与那原大綱曳、熱戦1600人

無人島へ行こう!〈3〉 コマカ島(南城市)
多国籍、力合わせ「ヒーヤ」 沖縄市で国際カーニバル

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング