竜巻発生、沖縄2位 気象台「積乱雲発達しやすい」

投稿日: 2016年08月17日 11:00 JST

関連キーワード

image
2016年7月30日に、石垣島地方気象台の南約10キロの海上で発生した竜巻
(写真・同気象台提供/琉球新報社)

気象庁によると都道府県別の竜巻発生数は1991~2015年までの25年間で、沖縄県は43件の竜巻が発生し、全国で最も多い北海道の44件に次いで2番目に多いことが分かった。沖縄気象台は「沖縄は台風を引き起こす積乱雲が発達しやすい。今後も大気は不安定で、注意が必要だ」と話している。

 

気象庁がまとめている都道府県別発生確認数では多い順に北海道、沖縄、3番目に高知県で32件となっている。ただ海上で発生し、上陸しなかった竜巻は数に含まれない。

 

同気象台は「沖縄は太陽からの強い直射日光を受けやすく、そのため竜巻を生む積乱雲が発達しやすい」と原因を分析している。

 

担当者は「竜巻や漏斗雲は目視によって確認されるので、漏れの無い統計を取ることは非常に困難だ」と話し、実際の数はさらに多くなる見込みだ。

【関連記事】

沖縄本島地方に竜巻注意情報

竜巻? 那覇市西の海上に漏斗雲

粟国空港北の海上で竜巻発生 本島地方にも注意報

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング